自然に助けられ生かされていると、実感


●カラカラに乾燥した砂漠に生息する植物の逞しさ!

(アメリカ・アンザボレゴ州立砂漠公園内のリトリートの夕暮れ)


 

アメリカで

左胸にしこりが見つかり、

ガンの疑いがあったので

細胞検査をしました。

 

アメリカの細胞検査は、

冷たい穴の開いた鉄板に

裸でうつぶせになり

その穴から乳房を垂らし、

下から医師が

カッターのようなメスで

患部を丸くくりぬきます。

 

なんとも

恐ろしい検査です。。

 

通常

1回で済むところを

4回も行い

検査ではなく

手術になってしまいました。


麻酔が切れかかり

猛烈な痛みで

ふらふらになっていたので

そのときは

わからなかったのですが

傷口にべったりと

ステロイド剤を

塗りこまれていました。

 

翌日

左胸は水泡ができ

赤く腫れ上がりました。

 

痛くて痒くて

熱をもち

大変なことになりました

 

しばらくは胸に

アイスペットを挟みこんで

冷やす必要があったくらい。


そこで

ステロイドが

合わないのだと理解し

未精製のオーガニックホホバオイルに

精油を混ぜ

傷口に塗ってみました。

 

 

最初

カーッと熱くなりました。

 

とても痛かったです。

それでも

お湯でぬぐってはオイルを塗り

ぬぐってはオイルを塗り。

 

繰り返すうちに

あるときを堺に

不思議なほど

緩和していったのです。

 

腫れも

赤みも全て消え

元の皮膚になりました。

 

 

その癒されていく、

ゆっくりと緩和していく

リズムが

非常に心地よかったのです。

 


ホホバオイルは

人工心臓の潤滑油

として使用されています。

 

酸化し難い

品質が安定しているオイル、

といわれています。

 

人の肌の主成分である

「ワックスエステル」を

豊富に含み、

肌の再生力に優れている、

ともいわれています。

 

ステロイド常用者の中には

ホホバオイルが苦手・・

という方も

稀にいらっしゃるんです。

 

いつも

ステロイドを塗っている部分に

ホホバオイルを塗ると

肌がびっくりして

赤くなったり

 

あまり

ポジティブな気持ちで

使わないと赤くなったり。

 

そういうことも

あるんです。

 

まるで

いつもニンジンが

食べられない子供に

すりおろしたニンジンを

食事に混ぜて

食べさせたら

おいしい~と完食した。

 

そんな状況にも似ています。

 

ワタシの中でも

ステロイドはいや、

そんな気持ちがあるので、

相性がよくなかった

というのも

症状悪化の原因でしょうね。

 

なぜ

いやと思っているかというと

 

ステロイドは

即効剤としては効果的、

とよく聞きます。

 

しかし

少しやめると肌の様子が激変し

以前よりも

もっとひどくなる、

とも聞くからです

 

ステロイドを

長年使っている皮膚部分だけ

汗をかかなかったり、

新陳代謝をしなくなったり。

ワタシの場合

自然治癒力を

ひきだしたいんです。

 

そのために

自然の恵みは

とても力強い存在です。

 

 ホホバオイルは

手づくりの「ゆかり石鹸」

「ちびコロ®」の

材料としても使用しています。

 

とても信頼している

自然の恵み。

 

アメリカの先住民が

「金の油」

と呼ぶホホバオイルですもの。

 

時に

傷を癒し、心を癒してくれます。

 

人は

自然に助けられ生かされているんだ

 

としみじみ感じています。