癒し語りカウンセラー リッチゆかりのセッション


「心を洗う癒し職人」
それが、リッチゆかりの肩書でした。

ワタシがこしらえる石鹸を、

お客様が
「代わりがない石鹸」「無くなると寂しくなる石鹸」

と言ってくださる。
だからずっと、

職人だと思ってやってきたのです。

 

お役目をいただけていることが嬉しくて、

ひたすらに何万個もこしらえてきたのです。

けれどいっぽうで、

こうも言われ続けてきました。

 

「ゆかりさんの石鹸は、石鹸であって石鹸ではない」と。

 

もしかして、

職人であって職人ではないということ?
だとしたら?
代わりがないとまで言っていただける、

その根っこは、何なのか。

・・・ようやく、

答えが見つかったんです。


それが「おはなし」、

つまり「セッション」をするということ。

香りをつむぎ、

石鹸をこしらえながら、

お客様に感じていただき、お話する。

 

香りと石鹸は原点であり、

自分の経験を織り込みながらお話するのに

欠くことのできない媒介だと思ったんです。

石鹸をこしらえる、ということ。
天然素材を扱う、ということ。
向き合うことで、

自分の心と対話する、ということ。

その繰り返しの中で、

解決の糸口を見つけることができること。
 
自分を大切にする、

その大切さをこそ伝えたいのです。

 

「おはなし」を通じて・・・

ハッ、としました。

だってね、ブログを書くたびに、

いつも
「また、お話ししましょうね」と

締めくくっていたのですから。

 

答えは最初から、

そこに在ったのですよね。

 

ちゃあんと、

存在していました。

そう、「話」は「放し」

 

思い込みやとらわれを手放し、

五感を研ぎ澄まして向き合えば
今、

ともにあることの貴重さに気づかされます。

石鹸を泡立てて、

ふわふわの泡を手に取り

香りを楽しみながらのセッションだから、

お一人のときでも何度でも思い出していただけます。

たとえ

直接お会いできないときであっても、
お話しながら、

ともに紡ぐ手触りと香りが、

そっと伝えてくれるでしょう。

 

「心を合わせてくれる石鹸」

「今の自分に向き合うのに必要な石鹸」

を通じて

 

今ここに、

ともに在ることの確かさを。

今が、明日の支えとなることを。

また、お話しましょうね。

「癒し語りカウンセラー」

 リッチゆかり



この「縁」ロゴマーク®は、
特許庁・登録商標 登録第5971156号、® Registered Trademark を取得済です。

「癒し庵 ゆかり」リッチ(福田)ゆかりの扱う香料、知識の教授、セミナーの企画運営、開催において使用されています。ワークショップ、セッションなどのメニューに関しても「癒し庵 ゆかり」所有です。無断転載、二次使用、詳細の類似使用をお断りします。