歩み② 障がい者支援とゆかり石鹸


          歩み①石鹸誕生 のつづきです。

自分をいたわるために。大事な人へのクリスマスギフトとして。
そんなきっかけでこしらえ始めたゆかり石鹸は、いつの間にかワタシだけのものではなくなっていました。

石鹸であって、石鹸ではない。心を合わせてくれる石鹸。
無くなると寂しくなる石鹸。
たんなる石鹸にいただくにはあまりに不相応な、ありがたいご感想が次々と届いたのです。

 「このエネルギーを、違う何かのために使おう。」


障がい者施設で「ゆかり石鹸」をこしらえることで、利益を分け合うプロジェクトです。背中を押されるように、社会的癒しの提案を掲げ、発信し、ともに動いてくれる方々とご縁をいただきました。
 アメリカ在住者のワタシを支え、日本で手伝ってくださる方、応援くださる方・・・ご縁がつながり、愛知県愛西市の障がい者支援センターの方々と、約3年間にわたり、プロジェクトに取り組みました。


ところが、諸々の事情でそのプロジェクトが終了することになったんです。手を差し伸べてくれた千葉県の障がい者支援センターでも、始めてはみたものの、続けることができませんでした。

生活の全てをかけていたプロジェクトの終焉は、思いのほか心身にこたえましたが、同時に深く、大きな課題があることにも気づかされました。
 
ひとくちに障がいと言っても、そもそもの線引きが難しく、個々に違います。障がい者ではなくても、日常の中に「未病」状態の人が多く存在すること。自分もまたそうなる可能性を秘めていること。
そんな社会で、これから何をどうしたいのか、自分と向き合い始めました。経験せずに知りえなかった、障がい者支援の現状。それを知ることで、障がいの症状を緩和するにはどうしたらよいのか、自分を含め、未病の人たちに何があれば、生きやすくなるのか。
新たな問いが、私の前に立ち現れました。
 


歩み③ 父の急逝、善意と出会う


新たな問いを与えられて、1か月が過ぎたころ、父が急逝しました。

↑ 鹿児島市「癒し庵 ゆかり」ベランダからの眺め


2014年1月30日のことです。
父の没後、相続や母の介護のために日米を行き来するようになり、たくさんの善い方たちに救われました。
母国語で行う手続きはどれも異国での不自由さに匹敵するほど、新しく、知らないことばかり。
 それらがどんどん吸収されていく感覚は、ほのかな興奮状態を伴い、時に寝食を忘れ、味覚まで失うほどの激務でもありました。


それにしても―─会う方会う方、善い方ばかり……
亡くなった父がワタシの前に準備してくれたとしか思えない、 ミラクルばかりが起こりました。

確かにこの時から、何かが変わったんです。

ワタシが行動しているけれど、ワタシじゃない。誰かに助けられている?力を貸してもらっている! そんな体験をいくつもしました。
 
・・歩み④ 母の介護と別れ につづく